トップページ

NPO法人なかだ

NPO法人なかだは、就労継続支援B型の障害福祉サービス事業所*を運営しています。       

設立の目的 いろいろなハンディキャップのある通所者の自立をめざし、就労支援と生活支援することを目的として設立しました。

運営の理念
❶通所者が自立した生活ができるように多方面にわたり支援します。
❷通所者一人一人に適した就労を継続できるように支援します。
❸通所者の健康管理に努めます。
➍地域との交流を積極的に進めます。

法人の仕組み 就労形態の異なる2か所の事業所を開設しています。

①第1事業所:地域作業所なかだ
所在地: 横浜市泉区中田南4-34-27  ☎045-802-4410

就労形態:他企業からの依頼による比較的簡単な組み立て作業をします。近年は自動車部品や電気機械部品の組み立て、菓子箱の組み立て、ビーチサンダル組み立てが主な作業です。また、組み立て作業とは別に、カタログの封筒入れ、宣伝チラシのポスティングなども行っています。

②第2事業所: 讃岐うどん・なかだや
所在地: 横浜市泉区和泉町4424-1  ☎045-802-5112

就労形態:「讃岐うどん・なかだや」という店舗を営業しています。調理、片付け、接客、店内外の清掃などが主な作業です。製麺機を使った自家製麺作業も行い、季節に応じたメニューも皆で考えます。

今日までの歩み
1986年 11 月16日  地域作業所なかだ(第1事業所)開所
2006年 4 月 1 日 地域作業所第2なかだ(第2事業所)開所・店舗準
2007年 1 月29日  讃岐うどん・なかだや(第2事業所)開店
2009年 4 月 1 日  NPO法人なかだ、地域活動支援センター作業所型へ移行
2012年 11 月 1 日  就労継続支援B型事業所へ移行、現在に至る

*キーワード:  

【NPO法人】・・・ 特定非営利活動促進法により非営利活動(NP)を行うことを目的として設立した法人。特定非営利活動は20種類あり、不特定かつ多数の人の利益に寄与することを目的とする。

【就労継続支援事業所】・・・障害者総合支援法に基づく福祉サービス施設で、運営費の大部分は国や横浜市の補助金によります。

【就労継続支援事業所はA型とB型があります】・・・A型事業所は雇用契約を結び、就労時間が長く、比較的障害の軽い人を対象にしています。最低賃金以上が適用されます。B型は、雇用契約を結ばず、就労時間や仕事内容が比較的自由ですが、工賃はA型にくらべ、かなり低いといえます。